指定の有効期間が、無期限から5ごとの更新制に!

平成301212日に「水道法の一部を改正する法律」が公布され、水道法第25条の32に、指定給水装置工事事業者の指定の効力は、令和元年10月1日から5年ごとに更新を受けなければ失効する旨が新たに規定されました。

 これに基づき、現在長生郡市広域市町村圏組合の指定を受けている指定給水装置工事事業者の皆様におかれましても、指定の有効期間が経過する前に、更新の手続きを行っていただく必要があります。なお、既に指定を受けてから5年を経過している事業者の方には、政令により指定を受けた日によって経過措置が設けられています。


更新対象の指定給水装置工事事業者の皆様には、今後長生郡市広域市町村圏組合より受付期間を記載したお知らせを、政令により規定されている有効期間の年の4月以降に個別郵送する予定です。なお、指定更新の詳細についてはこちらからご覧ください。

 更新の申請様式や記入方法等については、決定次第ホームページに別途掲載いたします。