経営と財政

 はじめに
   水道事業は地方公営企業法という法律に基づき、使用者から支払われる水道料金などによって経営されています。
また、水道事業の目的は飲用に適する清浄にして豊富低廉な水を需要者に供給し、もって公衆衛生の向上と生活環境の改善とに寄与することとされています。この目的を達成するには、計画・設計・施工・維持管理の各段階を適正に実施し、水道施設を効率良く制御することです。
なお、本水道部が最小の経費で効率的な運営が成されているか判断するために「3.経営分析」の指標を経営効率化に関する指標としてお知らせ致します。